Blender:Three.js用に書き出すためのアドオンを追加する

ウオトミズ(UOTOMIZU)の中の人

Blenderで作成したオブジェクトをThree.jsで表示させるために、エクスポーターをダウンロードしようと思っていた矢先、なんとThree.jsが提供するアドオンが見つからない。

公式から削除されていた

Three.js GitHub:アドオンが公開されていたページ

ちゃんと読んでみたら、Three.js用にオブジェクトを出力するためのBlenderのアドオンが、公式から削除されてた。

 

代わりとなるもの

Blender glTF 2.0 Exporterを使用

Blender glTF 2.0 Exporterのページ

glTF-Blender-Exporterを使用。

ダウンロードページ

 

アドオン追加の手順

glTF-Blender-Exporter」をダウンロード
ダウンロードし、io_scene_gltf2を見つける。
Blenderのアドオンにio_scene_gltf2を追加。
アドオンにフォルダを追加する。
Blenderを再起動してアドオンを有効化
再起動すればフォルダに置いたアドオンが表示される。アドオンにチェックを入れて設定を保存。

 

STEP1 「glTF-Blender-Exporter」をダウンロード

glTF-Blender-Exporterのダウンロード画面

ダウンロードできるページ

[download the exporter]をクリックすると、ダウンロードが始まる。

ダウンロードされると、glTF-Blender-Exporter-masterというフォルダが表示される。

glTF-Blender-Exporterファイル

glTF-Blender-Exporter-masterフォルダ内のio_scene_gltf2フォルダを探す。

io_scene_gltf2フォルダの場所:glTF-Blender-Exporter-master/scripts/addons/io_scene_gltf2

このフォルダをBlenderのアドオンに追加する。

STEP2:Blenderのアドオンにio_scene_gltf2フォルダを追加

エクスポーターのアドオン追加1

  1. [左下の立体の立方体]をクリック
  2. [ユーザー設定]をクリック

エクスポーターのアドオン追加2

エクスポーターのアドオン追加3

  1. [アドオン]をクリック
  2. [ファイルからアドオンをインストール]をクリック

 

STEP3:Blenderを再起動してアドオンを有効化

Blenderを一度閉じて、サイド開く。

エクスポーターのアドオン追加4

Blenderを再起動後に、再度 [ユーザ設定] > [アドオン]の画面を開く。

Inport-Export: glTF 2.0 formatがあるはずなので、それにチェックを入れる。

[ユーザー設定の保存]をクリック。

 

以上で、Inport-Export: glTF 2.0 formatが使えるようになる。

 

 

.
スポンサーリンク

商用利用可な素材配布しています!!

商用利用可なフリー素材ULOCO商用利用可なフリー素材ULOCO