ネットでの収益モデルをまとめる

ネットでの収益モデルを無理やりまとめてみた。

 

広告収益モデル

商品やサービスの宣伝をすることで収益を得るモデル。

第三者広告配信サービス

第三者広告配信サービスで得る収益は、集客力に比例する。

ブロガーやメディア運営者、アフィリエイター、動画投稿者など。

  • Google Adsense
  • Youtube広告収入

懸念事項

  • 人口減少のための利益低下
  • 広告配信業者の方針の変更
  • 収益率の低下

 

商品紹介

商品紹介で得る収益は、集客力やユーザー層などによって違う(と思う)。

ブロガーやメディア運営者、アフィリエイター、動画配信者など

  • A8Net
  • Amazon Affiliate
  • 楽天アフィリエイト
  • 直接会社と契約

サブスクリプションモデル

製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、ユーザーに代金を支払ってもらうモデル。

オンラインサロン

月額料金を支払ってもらうタイプなど。

インフルエンサーやブロガーを中心に盛り上がっている。

ニコニコ動画

月額料金を支払ってもらうタイプ。

 

課金モデル

無料サービスを使っているユーザーに有料サービスを紹介し、課金をお願いする収益モデル。

  • ネットやスマホのゲーム

販売モデル

商品やサービスを販売するモデル。

  • ECサイト

 

寄付型モデル

ほぼ100%、ユーザーの善意によって成り立つ収益が発生するモデル。

クラウドファンディング

100%寄付のタイプや、見返りのサービスを用意しているタイプがある。

投げ銭

動画配信サービスを中心に目立つ。

  • YouTube
  • LINE
  • Showroom

寄付

ウェブサービスを中心に目立つ。

  • Wikipedia

 

 

.
スポンサーリンク

商用利用可な素材配布しています!!

商用利用可なフリー素材ULOCO商用利用可なフリー素材ULOCO