Googleアナリティクス:コンテンツの質を測るための測定項目一覧と設定方法

Googleアナリティクス にとりあえず登録しているだけの人も多いのでは。Googleアナリティクスではセッション数、ページビュー数、ユーザー数の他にも、イベントトラッキングを設定することでより詳細なアクセス解析ができるので、有効な測定項目をまとめた。

 

記事に対するユーザーの反応を調べる

コンテンツの質」が大事と叫ばれている昨今。

ユーザーの反応を知ることは、記事の質を高めるための一歩となる。

 

  • 記事の読了率
  • スクロール率
  • SNSによる記事シェア数の測定
  • 重要なリンクへのアクション数の測定
  • お問い合わせ送信した数の測定
  • 記事内に埋め込んだ動画再生の測定
  • 配布ファイルのダウンロード数

 

以上の項目は、ユーザーの記事への反応を知るのに有効な項目だろう。

これらはイベントトラッキングを設定することで、行動レポートにて確認できるようになる。

 

Googleタグマネージャーを使った設定を推奨する

色々試した結果、以下のメリットを考慮して、Googleタグマネージャーを使って設定することを推奨する。

Googleタグマネージャーのメリット

  • イベントトラッキングの管理しやすい
  • コードで書くよりも直感的に設定できる
  • 公開前に正しく設定できているか確認できる

 

もちろんイベントトラッキングは、直接コードを書くことでも設定できる。

ただ、Googleアナリティクス へ情報送信するためのJSファイルはanalytics.jsgtag.jsがあり(現在はgtag.js)、analytics.jsではanalytics.js用コードを、gtag.jsではgtag.js用のコードを書く必要があるため、これらを混同してコードを書くと正しく測定ができない。

ウェブ上に上がっている記事には様々な情報があるため、参考にする場合は、gtag.jsであることを確認するなど注意が必要になる。

 

基本的な設定手順

タグマネージャー の基本的な設定手順は以下の通り。

 

  1. トリガーの設定:Googleアナリティクスにデータを送信するタイミングとなるユーザーのアクションを設定する
  2. タグの設定:送信するデータにカテゴリ、アクション、ラベルをつける
  3. プレビューで確認:意図するタイミングでトリガーが発火するかどうか、タグの付け方に問題がないかどうかを確認する
  4. 公開:公開後にウェブサイトが動いているかを必ずチェックする。サーバーのWAR設定との相性が悪い場合エラーが出る可能性がある。
  5. アナリティクスで確認:実際にサイトで自分がアクションを起こし、Googleアナリティクスのリアルタイムレポートで設定が反映されているかどうかを確認する。

 

イベントトラッキングの設定方法:Googleタグマネージャー

ここでは

  • 記事の読了率
  • スクロール率
  • SNSによる記事シェア数の測定

の設定手順をまとめている。

他のものについては随時追加していく。

 

記事の読了率

「特定の要素がスクリーンに表示されたか」を基準にする。

トリガーの設定

記事下にある要素にclass=”_ga-finish-reading-event”を書く。

 

single.php


<!--省略-->

<article>

<?php content(); ?>

<div class="_ga-finish-reading-event"></div>

<!--省略-->

</article>

トリガーの種類 『要素の表示』を選択
選択方法 『CSSセレクタ』を選択。
要素セレクタ 『._ga-finish-reading-even』を指定。『.』を忘れずに。
このトリガーを起動するタイミング 『1ページにつき1度』を選択。
詳細 1〜10まで指定可能。
このトリガーの発生場所 『すべての表示イベント』を選択。

 

タグの設定

タグは以下のように設定。

 

タグタイプ 『Googleアナリティクス – ユニバーサルアナリティクス』を選択。
トラッキングタイプ 『イベント』を選択。
カテゴリ 任意のテキストを指定。例:『記事への反応』
アクション 任意のテキストを指定。例:『スクロール』
ラベル 任意のテキストを指定。例:『読了』
『{{Page URL}}』を指定。
非インタラクションヒット 『真』を指定。
Googleアナリティクス設定 『{{Googleアナリティクス設定}}』を指定。

読了のタグ設定

スクロール率の測定

トリガーの設定

トリガーの種類 『スクロール距離』を選択。

スクロール方向を縦か横か選択し、トリガーが発火するタイミングを設定する。

『割合』を選択した場合は、『10,25,59,75,90』というような形で指定。

このトリガーの発生場所 『すべてのページ』を選択。

スクロール率のトリガー設定

タグの設定

タグタイプ 『Googleアナリティクス – ユニバーサルアナリティクス』を選択
トラッキングタイプ 『イベント』を選択
カテゴリ 任意のテキストを指定。例:『記事への反応』
アクション 任意のテキストを指定。例:『スクロール』
ラベル 任意のテキストを指定。例:『S : {{Scroll Depth Threshold}}%』
『{{Page URL}}』を指定
非インタラクション設定 『真』を選択
Googleアナリティクス設定 『{{Googleアナリティクス設定}}』を選択

スクロール率のタグ設定

 

SNSによる記事シェア数の測定

「リンクをクリックしたか」を基準にする。

集客 > ソーシャルプラグインの画面で解析できる。

トリガーの設定

下記のコードを例に、任意の要素のclassに”_ga-social-share-page”、idにそれぞれ「ネットワーク(ソーシャルネットワーク)」として表示されるテキストを書く。

 

index.html


<ul>

<li><a id="facebook" class="_ga-social-share-page">Facebook</a></li>

<li><a id="twitter" class="_ga-social-share-page">Twitter</a></li>

<li><a id="instagram" class="_ga-social-share-page">Instagram</a></li>

</ul>

 

トリガーを以下のように指定。

トリガーの種類 『クリック – リンクのみ』を選択
このトリガーの発生場所 『一部のリンククリック』を選択
イベント発生時にこれら全ての条件がtrueの場合にこのトリガーを配信します 『Click Classes – 等しい – _ga-social-share-page』と設定

タグの設定

タグタイプ 『Googleアナリティクス – ユニバーサルアナリティクス』を選択
トラッキングタイプ 『ソーシャル』を選択
ネットワーク 『{{Click ID}}』を指定。要素につけたid属性がここに表示される。
アクション 『Share』でも『シェア』でも任意のものを指定。
アクションターゲット 『{{Page URL}}』を指定。イベントが発生したページのURLが送信される。
Googleアナリティクス設定 『{{Googleアナリティクス設定}}』で良い。

SNSシェアのタグ設定

 

具体的には以下の記事にある。

 

プレビューで確認、公開後の動き

プレビューで確認

設定したタグの配信は公開する前に必ずプレビューで確認すること。トリガーが意図するタイミングで発火されているかどうか、タグがきちんと設定されているかどうかをの2点を確認する。

 

コンテナを公開

問題ない場合はコンテナを公開する。コンテナ公開後もサイトに異常がないか確認すること。複数回ページ遷移をすればOK。サーバーで設定したのWAF設定との相性が悪い場合エラーが出る可能性がある。

 

Googleアナリティクスで確認

その後に自分でリンクをクリックしたり試しながら、意図するタイミングでタグが配信されているかを、Googleアナリティクスのリアルタイムで確認すること。確認が取れたら完了。

 

こちらの記事もどうぞ

Googleタグマネージャー のコンテナ公開後に403エラーが出る場合の対処法についてまとめている。

 

 

.