構造化データ設定手順

概要

構造化データについてまとめる。

構造化データとは

コンピューターにも分かる言語でページの概要を記述する記法。

メリットとしては、検索結果に表示された際にリッチな検索結果が得られる。

デメリットとしては、コードの記述量が増える。記述しても期待している表示にならない場合がある。

 

サイトコンテンツによっては相性の良し悪しがある。

良い:レシピ系・記事系など。

悪い:Google構造化データの対象外のカテゴリーに属するサイト

ローカル店舗サイトの場合は、知識の必要な構造化データよりも、初心者でも簡単なGoogle Businessを利用する方が費用対効果は高い。

構造化データ プラグイン

WordPressのプラグインで設定可能。確認はしていない。

管理者の制作ポリシー

  • 極力プラグインを使わない:脆弱性をついたクラッキングを防ぐため
  • コードを最適化し、読み込み速度を早める

構造化データをマークアップするのに便利なWordPressのプラグインは存在する。

だけど、わざわざプラグインを使わなくてもマークアップ可能。

 

構造化データ マークアップ手順

Google : 構造化データ マークアップ支援ツール

簡単に且つ直感的にマークアップできるツールだ。ただこのツールが対応していないコードも多くあるので、必要に応じて以下のサイトやウェブで情報を得て、所有サイトに最適化したコードを埋め込むのが良い。

https://www.google.com/webmasters/markup-helper/u/0/

 

WordPressに対応

上記で得たコードを貼り付けるだけではいけない。

記事によって適切に記述されるように、WordPressに対応させる必要がある。

 

 

Google : 構造化データ テストツール

URLやコードを入力するだけで構造化データの確認ができる。

https://search.google.com/structured-data/testing-tool/u/0/

 

 

 

おわりに

当管理者も所有サイトのいくつかに導入して様子を見てみる。

 

[rns_reactions]
.
スポンサーリンク

商用利用可な素材配布しています!!

商用利用可なフリー素材ULOCO商用利用可なフリー素材ULOCO