マルウェアに関する基礎知識

ウオトミズ(UOTOMIZU)の中の人

 

セキュリティー系の記事を読むと「ウイルス」、「マルウェア」、「ワーム」、「スパイウェア」、「トロイの木馬」など様々な用語に出会う。各用語の定義やそれぞれとの違いについて簡潔にまとめた。

 

マルウェアとは?

ウイルス、ワーム、トロイの木馬、悪意のあるスパイウェアなどの悪質なプログラムを総称して、マルウェアと呼ぶ。

 

普段日常で利用されるソフトウェアとマルウェアのどちらもプログラムの集まりだが、「利用者にとって害のない有益なプログラムで出来ているソフトウェア」をソフトウェア「利用者にとって害のあるプログラムを含んでいるソフトウェア」をマルウェアというイメージで分けられる。

MEMO

「ウイルス」というワードは、コンピューターの知識がない人にとっても理解しやすいため、マルウェアを「ウイルス」または「広義のウイルス」と呼ぶこともある。

マルウェアの分類

様々なマルウェアが確認されて以降、マルウェアは各々が持つ特徴によって以下の種類に分別されてきた。

マルウェアの分類

 

マルウェアの分類
  • ウイルス(狭義のウイルス):他のプログラムに自分自身をコピーして感染させる。
  • ワーム:ネットを経由して自分自身をパソコンにコピーして感染させる。
  • トロイの木馬:感染させるのではなく、有益なプログラムと偽って、何らかの方法で実行させる。
  • (害のある)スパイウェア:通常のソフトウェア(多くの場合無償のソフトウェア)に紛れてインストールさせる。

 

マルウェアの複雑化によって、これらの分類は難しくなっている。ただセキュリティー系の記事には度々登場するのでマルウェアという言葉の基本的な理解をしておくのは良い。

 

まとめ

  • マルウェアとはウイルスワームトロイの木馬(有害な)スパイウェアのこと
  • マルウェアを「ウイルス」または「広義のウイルス」と呼ぶこともある。
  • 現在は各々の特徴を併せ持ったマルウェアが存在するため分類は難しくなっている。

 

あくまでも簡潔な説明なので、語弊があるかもしれない。

 

 

 

.
スポンサーリンク

商用利用可な素材配布しています!!

商用利用可なフリー素材ULOCO商用利用可なフリー素材ULOCO